上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から作ってみたかった苺酵母のパン。
苺がたくさん出回るようになったので、作ってみました。

こちらは苺酵母液。
(1日冷蔵庫に入れておいたので発泡していませんが、完成しています)
resize0835.jpg


仕込んだ2日目からシュ~、シュワシュワ~と発泡してきました。
とても発酵力が強い、元気な酵母なのだと思います。

完成の香りは苺のワインのような甘いお酒っぽい香りと、味見すると
ちょっとアルコールを感じました。

これを使って作った苺餡パン。
resize0836.jpg


予め発酵種を作っておく前種法だと、酵母の香りが活きたパンになる
そうなので、前種法で作りました。

生地にもつぶした苺がはいっていることもあって、焼いている間も
食べた時もほのかな苺の良い香りがただよっていました。

resize0839.jpg
仲は粒あんです

甘いところが(?)子供好みだったようで、息子も「甘いの~、
甘いの~!」と近寄ってパクパク食べていましたが、まだ餡は
あんまり食べさせたくないな~、と思って息子用には特別に作った(?)
大納言甘納豆入りを・・・。(笑)

resize0840.jpg
苺クリームチーズを挟んだ苺酵母の白パン

全粒粉も入っているので、厳密には白パンというよりちょっと
茶色がかっているのですが、焼きをあまくした柔らかいフワフワパンでした。

なかにはお砂糖をちょっといれたクリームチーズとみじん切りの苺の
クリームを入れました。

こちらも生地からはほのかな苺の香りがして、とっても優しい味でした。

酵母の香りをしっかりパンに活かしたい時は、出来上がりから3~4日
で使わないと、香りが変わってしまうそうなのですぐに使い切って
しまいましたが、もとの素材の香りがこんなにでるものかと思うと、
とっても感激でした。

春の香りの良いフルーツで他の酵母も試してみたいな♪
スポンサーサイト
2007.02.22 /  -その他 /
Secret

TrackBackURL
→http://sweetsmemo.blog50.fc2.com/tb.php/74-8ce01b34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。