上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
resize0525.jpg

焦げてる?くらいしっかり焼いてみました

最近は、ほとんどリュスティックのようなプチパン系の小さいパン
をよく作っていましたが、久しぶりにどっしりしたパンもいいな~
と思って、カンパーニュを作りました。

今回はちょっとお試しで、いつも使っているリスドゥルの代わりに
国産中力粉を使用。

中力粉:全粒粉:ライ麦粉=7:2:1の配合に。

フランスパン専用粉のリスドゥルも中力粉ですが、同じ中力粉でも
やっぱりずいぶん違うみたいで、使った中力粉はしっとりして粉の
粒子が細かいのか、よく振るわないとダマになりやすい感じ。

resize0526.jpg


出来上がったカンパーニュは、いつもよりどっしりとして素朴な雰囲気に。

粉で同じパンも、ずいぶん変わるんですよね。
粉の違いだけではなくもちろん、水の量の微妙な違い、捏ね方、気温、
湿度によってもずいぶん変わってくるので、ひとえには言えないのですが。

ちなみに最近は寒くなったので一次発酵にかかった時間は、なんと
12~13時間!!

半端じゃなく長いけれど、ゆっくり低温で発酵させるほど、旨みを増す
のが特徴の天然酵母の醍醐味が活きる季節がやってきたのかも。

出来上がったカンパーニュは、しっとり、もちもち、そしてかみ締める
ほどに美味しく仕上がっていました☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sweetsmemo.blog50.fc2.com/tb.php/35-d22101ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。