上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
resize0343.jpg

皮はパリパリ、中はもちもちリュスティック

うちでよくつくるパンの一つ。
自家製レーズン酵母を使いました。
生地の配合を変えたり、ナッツやドライフルーツを入れたりアレンジして楽しんでいます。
シンプルなだけあって、ちょっと変えるだけでずいぶんと風味に変化がつき、
その小さな違いを感じながら食べるのが楽しいところ。

今回は北海道産強力粉「春よ恋」に10%のライ麦粉(細引き)を入れた配合に。
でも、ライ麦の酸味と香りが少し出るので(すっぱいパンという感じではないのですが)、
個人的にはお気に入りの強力粉+全粒粉10%がお気に入り。
ほんのり優しい甘みのある風味豊かなリュスティックになります。

バターや卵の入らないシンプルなタイプのパンをよく焼くようになってから、
強く感じるようになったのは、小麦粉の種類によって変わるパンの味・香りと歯ごたえ。

これはシンプルであればあるほど違いがでるので、シンプルなパンって奥深いな~、
と思います。

ちなみに自分自身の最近のお気に入りは、フランスパン専用粉なら
リスドゥル、強力粉なら、はるゆたか・春よ恋、レジャンデール。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sweetsmemo.blog50.fc2.com/tb.php/14-5c5b35d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。