上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子になんと三輪車(!!)を下さった知人にちょっとした
焼き菓子を贈りました。

role_1.jpg

スフレロール
... 続きを読む
スポンサーサイト
お友達が来るから何か作ろうかな~、と思って手軽にロールケーキ
を焼きました。

抹茶好きなので、"抹茶"を強く出したかったのですが、普段お菓子
作りに茶色いお砂糖を使っているクセで、今回も茶色の
てんさい糖を使ってしまって、抹茶らしさがいまひとつ・・・。

抹茶ももっと入れればよかったな~。
実物は一応もうちょっとは抹茶らしかったのですが、写真は
なんだか黒糖か何かのロールっぽくもなってしまいました。

resize0595.jpg

ロール生地は抹茶がいいかな~とすぐに決まったのですが、実は
中のクリームを何にするか結構迷いました。

小豆入り生クリームか、苺入り生クリーム、またはホワイトチョコ入り
生クリーム、抹茶クリーム・・・

どれがいいか悩み、最終的に苺入りホワイトチョコクリームに。

”苺ホワイトチョコレート”食べてるって感じの味のクリームになって、個人的には
割と気に入ったのですが、苺の酸味で結構ホワイトチョコの甘さが
ちょっと消えてしまったので次回は、もっと"ホワイトチョコの甘さ”
が出るようにしたいな~、と思いました。

resize0594.jpg

抹茶の色がちょっとがっかりな色に仕上がってしまったので、
上からも抹茶をかけて抹茶度をアップ。(笑)


たまに食べたくなるロールケーキ。

今回は生地を真ん中で半分に切って、半分は生クリームと
いちご、半分は生クリームとカラメル煮にした紅玉りんごを
入れて巻きました。

ロールケーキの王道のいちごロール
resize0547.jpg

みじん切りいちごとコアントローを混ぜて立てた生クリームを
塗った生地に角切りにしたいちごを散りばめて、巻きました。

resize0545.jpg


カラメル煮紅玉入りロール
resize0546.jpg

カラメルは濃い目ではっきりとほろ苦い、カラメル風味を
りんごにつけて。

生クリームには隠し味にブランデー少々を・・・

resize0544.jpg


いちごロールは、さっぱりフレッシュな味わい。

カラメルりんごのロールは、まったり優しい味わい。

生地は一つなのに、なんだか違う味が楽しめてちょっと得した
気分でした。

毎年、栗の季節にはマロンペーストは作っていたのですが、
今年は栗の渋皮煮にも挑戦。

resize0474.jpg


何度もゆでて、さらして、渋皮についている繊維をとって・・・
とにかく丁寧で地道な作業を要するもので、「時間がかかって
地味なのに細かい~!」と文句をいいながらできた初めての
渋皮煮。

上品な甘さと、しっかりとした栗の香りは手間をかけたかいが
ありました。

渋皮の繊維を取る力加減がいまいちわからず、渋皮まで破けて
しまったものも結構あって、それは悲しくも途中で割れて
しまいましたが、それは次回の教訓に。

優し~く扱うのが大事なんですね~。

resize0475.jpg

プチモンブラン
作ったマロンペーストと渋皮煮を使って作ったのが、こちら。

下に平たい焼きメレンゲを敷いて、その上にバタークリーム、
渋皮煮を乗せたものに、牛乳で伸ばしたマロンペーストを絞ったもの。

マロンペーストを絞るのは実は初めてやったのですが、均一に
絞るのって意外と難しかった。。。

resize0477.jpg

モンブランロール
ロールケーキはスフレタイプのしっとり生地。
しっとり生地なので、あとで中のクリームがなじみすぎて
べちゃっとしないように、マロンペースト入りのバタークリームを
薄く伸ばしてあります。

中にマロンペースト入りの生クリームと渋皮煮、そして焼き
メレンゲをはさんでくるくる。

何よりもコレが細かい下準備が多くて非常に時間がかかったのですが、
やっぱり手をかけただけあって、とっても美味しかった。

resize0476.jpg


栗は皮剥き、マロンペーストの場合なんといっても裏ごしが
とっても面倒ですが、ウチで作ると甘さが加減できるのと、
出来たてなので香りがしっかりするところがやっぱりいい。

こちらは焼きメレンゲ
resize0478.jpg

甘~い市販のメレンゲ菓子はあまり好きでありませんが、
ウチでつくるのはとにかくサクサク軽くて別物のような気がします。

頑張って低温でじっくり焼いたんですが、ちょっと焼き色
ついちゃいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。