上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八百屋さんやスーパーに苺や様々な柑橘類が出回るようになりました。
この時期ならではの楽しみは苺や柑橘類を使ってのコンフィチュイール作り。
毎年、大好きな苺のコンフィチュイールとマーマレードを作ります。
今年は・・・。

resize0944.jpg
苺ジャム、甘夏マーマレード、文旦マーマレード

... 続きを読む
スポンサーサイト
2007.04.10 / -イタリア料理 /
最近、ガレットデロワの素敵なお話をよく見かけて、作ってみたいな~と思っていた
ガレットデロワ。

初めて作ってみました。
resize0742.jpg

伝統的な模様は王冠をイメージしたもののようですが、加藤千恵さんのレシピを参考
にしたバラの花の模様です。

中身はアーモンドクリームですが、加藤千恵さんのレシピはクリーム少なめで
サクサクのパイ生地を楽しめるようにしてある感じ。

クリームが少ない分、軽い食感でパイのサクサク感の醍醐味を堪能できて、とっても
美味しかったのですが、ネットなどで見た他のものは伝統的っぽいガレットデロワ
はアーモンドクリームたっぷりで、ボリュームがある感じが多かったみたい。

次回は王冠模様でクリームたっぷりにしてみたいです。
resize0743.jpg
クリームにはオレンジピールもはいっています

三つ折りを合計6回していますが、ネットで見かけたものには出来上がりがもっと高さの
あるものも見つけました。加藤千恵さんのレシピ写真をできるだけ
参考にしたのですが、オリジナルのものは結構高さがあるパイなのかな?

ガレットデロワはお菓子そのものというより、中に入れるフェーブが話題になるそう
ですが、肝心のフェーブは今回は友人に頂いた小さな小さな陶器の人形を
入れた、なんちゃってフェーブです・・・。
紅玉が出回り始めたので、リンゴのお菓子が作りたくてアップルパイを
焼きました。
resize0482.jpg


パイってバターをものすごくたくさん使うので、「重い、油っぽい」
印象があって大好きというわけでもなかったので、あまり作らなかった
のですが・・・

いくつもの層になったパリパリ、サクサクの出来立てアップルパイは
思いのほか軽くて、美味しかった♪(でもカロリーは相当だと思いますが)

参考にしたレシピは加藤千恵さんのアップルパイ。

作る前は薄切りにしたリンゴをパイの上に乗せようか、なども
考えていたのですが・・・

パリパリ、サクサクなパイ生地をしっかり食べたいと思って、
加藤千恵さんの本に載っていたのと全く同じ、丸型に葉っぱをデザイン
したものに。
resize0437.jpg

サクサクのクランブルをたっぷりのせました

タルトは大好きなのですが、久しぶりに作りました。

大好きなので昔しょっちゅう作っていたのですが、息子が生まれて
からは冷やす、敷き込む、具を作る、いろんな作業が手間に感じて
しばらくお休みしていたのでした。

今回はどうしても季節のフルーツでタルトを作りたかったので
イチジクを使用。サッと赤ワイン煮にしたものを敷き込んだ生地に詰め、
上にクランブルをのせて焼きました。

生地とクランブルの2種類のサクサク、真ん中のイチジクのトロ~ン、
そしてプチプチした食感がなんとも言えない美味しさでした。

煮リンゴとレーズンとかもあうと思うので、また是非作りたいな~。

ただ一つ納得いかなかったのは表面のクランブルの焼き色。
もっとこんが~りさせたかったのですが、先にタルト生地を空焼き
していた為、これ以上焼いてしまうとタルト生地が焦げ焦げになって
しまう~、という前にオーブンから出したので、いまいち迫力に
欠ける仕上がりに・・・。

resize0434.jpg

かわいそうな寂しい焼き色に・・・

うちのオーブンの火力の関係で、タルト生地は空焼きしないレシピも
空焼きしてから具を入れて焼いているのですが、冷蔵庫から出したて
の冷え冷えのクランブルとの温度差がありすぎたようです。

次回作るときは気をつけなくちゃ。
resize0340.jpg

サクサク軽い食感の練りパイ生地

秋が近づき、タルトやパイがおいしい季節になってきました。

加藤千恵さんの本に出ていた、ネクタリンのパイというのがとてもおいしそうで
桃が終わる前に・・・と思い、作ったフルーツパイ。

使ったフルーツはその時、ネクタリンがなかったので黄金桃という桃。
白桃とネクタリンの中間のような味、と聞いて買ってみました。

果肉は黄色くてネクタリンのように黄色いのですが、
ネクタリンのように酸味はなく、また黄桃とも違く、桃ほど甘々ではなく、
生食でとてもおいしかったので、焼いちゃうのはもったいないかな、
と思っていましたが・・・

焼いた黄金桃のアツアツでとろけるような食感は、生とはまったく別物の
なんともいえないおいしさ!
まだ試したことのない方にも、是非是非焼きフルーツをお試しして
頂きたいおいしさです。

この生地はフードプロセッサーでつくっていてとても手軽なので、
これから秋にかけてはしばらく洋梨、りんご、ブドウなどで
マイフルーツパイブームが続きそう。

周りの生地に粉糖をかけ忘れてしまい、ちょっと寂しげな様子・・・
resize0339.jpg

後日、違う形にして焼いてみました。
急いでいたのでちょっと慌てて仕上げたら、焼きが甘かった・・・
お菓子にあせりは禁物、と改めて実感してしまいました。

形が変わるとずいぶん雰囲気が変わります
resize0344.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。