上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月から息子が保育園に通い始め、慌しくしていて
パンは近頃夜に焼くのが多くなってしまいました。

近頃のうちの朝食のテーブルに登場している、最近のお気に入り達・・・resize0964.jpg
自家製レーズン酵母のシナモンロール


... 続きを読む
スポンサーサイト
ここしばらくちょっと忙しくてなかなか更新ができませんでした。
まだまだ寒くもありますが、八百屋さんに並ぶ食材を見ると、
春の訪れを感じます。

しばらくお気に入りだったのが酒粕酵母。
酒粕は冬なのでそろそろ食べ収めかな~と思い、我が家で
お気に入りだったものを振り返って見ました。

酒粕自体が和なので、和の食材にあわせるのが気に入っています。
特に前種法で作ると酒粕の香りが本当にしっかりとして、とっても
いい香り。

酒粕酵母の餡食
resize0884.jpg


前種法で作った粒あんを折り込んだ餡食。
酒粕酵母でつくるものの中では、これが一番のお気に入りでした。

resize0883.jpg


抹茶、ドライ苺、ホワイトチョコの渦巻き食パン
resize0885.jpg


抹茶が思ったより水分を吸収してしまったので、抹茶部分の膨らみが
悪くてなんだか細いぐるぐるになってしまいましたが、大好きな
抹茶、苺、ホワイトチョコの組み合わせ。

ホワイトチョコって焼きあがると見た目の存在感がないのがちょっと
残念ですが、味はしっかりミルキーなホワイトチョコの味。

紫芋と大納言甘納豆の渦巻き食パン
resize0881.jpg


紫芋は紫芋パウダーを使っていて、味というより色のみという感じ
なのですが、可愛い淡い紫の色合いと、なによりもパンに混ざっている
大納言甘納豆のほんのりとした甘さが美味しくて、お気に入りです。
うぐいす豆甘納豆とかも美味しいですよね。

resize0882.jpg


渦巻き模様にしていなくてもこのタイプの甘納豆入りのパンは、
うちの息子のお気に入りでもあり見つけると「甘いパン~!」
とにじり寄って来てかなりうるさくなります。
(どちらかというとおせんべい派で甘党ではないみたいなのですが、
ほんのり甘いのがいいのかな?)

他にも酒粕酵母のうぐいす豆甘納豆のリュスティックとか、カンパーニュも
作っていたのですが、写真を撮る前に食べ終わってしまいました。

お気に入りの酒粕酵母。暖かくなるに従ってもう食べ収めですが、
このパン自体は普通にイーストや他の天然酵母でたくさん作る
かな。
2007.03.15 /  -その他 /
ミルク酵母というのを作ってみました。

そのミルク酵母で作ったいろいろ・・・
resize0853.jpg


牛乳にハチミツと水(浄水)をビンに入れ、25℃くらいの温度に
置いて、たまにビンを振りながら、合計6日くらいで酵母液の完成。

牛乳からヨーグルトができるように1日たつと牛乳が分離して、水分と
白いモロモロしたかたまりができ、徐々に発泡してきました。
そのうち香りがヨーグルトのように・・・。そして更に熟成してきたのか?
チーズのような香りになりました。

ちょうど6日目くらいで、味見をしてみたらピリッとアルコールを
感じて、香りもお酒っぽくなってきたので完成にしました。

できる過程はちょっとヨーグルト酵母にも似ている気もしましたが、
それを使って作ったパンは、ミルクの甘い香りというか、
ほんのりとした甘~い香りが、なんとも言えない良い香りでした。

一番それを感じたのは、できてまもない元種で作ったリュスティック
だったのですが、写真を取る間もなく食べ終わってしまったので、
これは同じミルク酵母で作った甘いパンいろいろ・・・。

クランブルとクリームチーズのパン
resize0854.jpg

最近買った佐原文枝さんの自家製酵母パンの本に載っていた、とても
心惹かれていた甘いパン。

生地の配合はちょっとアレンジしちゃいましたが、ふんわりソフトで、
なんと言っても上にかかっている甘いクリームチーズ生地とクランブルが
とっても美味しかったです。

中はこんな感じ。↓
resize0855.jpg


黒糖バターロール
resize0857.jpg


黒糖の優しい甘い香りのする、ふんわりとしたバターロール。
こちらも優しい味で、とっても美味しかったです。

バターロールってあんまり作らないのですが、皆さんが成型難しい
って言っているのに納得・・・。
きれいなロールにするのって難しいのね。

美味しいうちに食べきってしまいたかったので、ご近所さんにも
お裾分けしました。
resize0856.jpg

(あ、苺酵母の餡パンもはいっていますが)
以前から作ってみたかった苺酵母のパン。
苺がたくさん出回るようになったので、作ってみました。

こちらは苺酵母液。
(1日冷蔵庫に入れておいたので発泡していませんが、完成しています)
resize0835.jpg


仕込んだ2日目からシュ~、シュワシュワ~と発泡してきました。
とても発酵力が強い、元気な酵母なのだと思います。

完成の香りは苺のワインのような甘いお酒っぽい香りと、味見すると
ちょっとアルコールを感じました。

これを使って作った苺餡パン。
resize0836.jpg


予め発酵種を作っておく前種法だと、酵母の香りが活きたパンになる
そうなので、前種法で作りました。

生地にもつぶした苺がはいっていることもあって、焼いている間も
食べた時もほのかな苺の良い香りがただよっていました。

resize0839.jpg
仲は粒あんです

甘いところが(?)子供好みだったようで、息子も「甘いの~、
甘いの~!」と近寄ってパクパク食べていましたが、まだ餡は
あんまり食べさせたくないな~、と思って息子用には特別に作った(?)
大納言甘納豆入りを・・・。(笑)

resize0840.jpg
苺クリームチーズを挟んだ苺酵母の白パン

全粒粉も入っているので、厳密には白パンというよりちょっと
茶色がかっているのですが、焼きをあまくした柔らかいフワフワパンでした。

なかにはお砂糖をちょっといれたクリームチーズとみじん切りの苺の
クリームを入れました。

こちらも生地からはほのかな苺の香りがして、とっても優しい味でした。

酵母の香りをしっかりパンに活かしたい時は、出来上がりから3~4日
で使わないと、香りが変わってしまうそうなのですぐに使い切って
しまいましたが、もとの素材の香りがこんなにでるものかと思うと、
とっても感激でした。

春の香りの良いフルーツで他の酵母も試してみたいな♪
2007.02.22 /  -その他 /
最近、朝のパンを焼く時に頻繁に焼くようになったのがこのミルクブレッド。
resize0753.jpg

硬~いバゲットでもリュスティックでもバリバリかじろうとする、前歯8本のうちの子用です。
親が食べていると「パン!パン!」と興奮して寄って来て奪ってカミカミするので、
硬くないパンもセットで作ることにしました。

牛乳と粉ミルクたっぷりにして、北海道小麦はるゆたかに全粒粉を2割入れました。

resize0757.jpg
中はこんな感じです
ほんのりミルクの香りがして、しっとり柔らか。
全粒粉の自然な甘みと酵母のコクが出ていて、とっても優しい味でした。

ちなみにイチジクのリュスティックも焼きました。

resize0754.jpg

こちらははるゆたかに全粒粉4割、トルコ産ドライイチジクを入れています。

リュスティックはうちで一番作る頻度が高いパン。
簡単で作りやすいうえに、粉の配合、ドライフルーツの種類を変えていろいろ楽しめるし、
なによりもシンプルな分、パン本来の美味しさがしっかりと味わえる気がしてお気に入りです。

resize0755.jpg
中はこんな感じ

外はとっても硬いのに、うちの子はコレもせっせと食べていました。
まだ小さいのに、なんだか妙にパン好きになってしまって、よくパンに
似ているものを指差して、「パン!パン!」と言っています。
2007.01.11 /  -その他 /
この間作ったヨーグルト酵母で、ライ麦パンと食パンを作りました。
resize0671.jpg
ライ麦2割で軽めです(胡桃入り)

朝食べるパンは、いつも似たようなものの繰り返しが多いです。
でも自家製酵母は酵母の種類によって、特に香りが変わるそうなので、
その違いがわかりやすいようにあえていつもと同じパンに。

これは、フランスパン専用粉リスドゥルに北海道産ライ麦を2割混ぜたものに、
空焼きした胡桃を粉総量の2割ほど入れました。

酵母の発酵力はその時の状態によって変わったりしますが、今回のヨーグルト
酵母は発酵力がとても強くてライ麦、胡桃が入っていてもしっかりと
膨らみやすかった気がします。

resize0670.jpg
外はバリバリくらいしっかり焼きました

何よりも気に入ったのは発酵中と焼き上げ後のパンの香りの良さ。

天然酵母はどの酵母もいつも、発酵中などになんともいえない良い香りがする
のが好きなのですが、ヨーグルト酵母が特別なのか、今回の酵母が特に
うまくいったのか、とにかく香りがとっても良かったです。

resize0672.jpg
全粒粉食パン

オーソドックスですが、うちでよく作るパンのひとつ。
イーストを使ったフワフワな食パンより、食べ応えがある感じです。
しっとりモチモチした食感と、全粒粉の優しい甘みがとっても美味しいんです。

はるゆたかに北海道小麦のパン用全粒粉を2割混ぜています。
酵母のせいか、ヨーグルト酵母の特徴なのか、とってもきめ細かいし~っとり
とした食パンに焼きあがりました。

今回何よりもお勧めのポイントはパンの香りの良さ・・・。
こないだ作ったクグロフもヨーグルト酵母でしたが、香りの良さはいつも
のほかの酵母以上だった気がします。

しばらくレーズン酵母もホシノもお休みして、ヨーグルト酵母びいきになりそうです☆

resize0673.jpg

2006.12.18 /  -その他 /
しばらくリュスティック系のパンばかりだったので、たまには
違うのも食べたいな~と思ってベーグルを作りました。
resize0587.jpg
おへそのようなプックリタイプ
作ったのは、ゴマ・レーズン&シナモンとちょっと変り種の
クランベリー&ホワイトチョコレートの三種類。

久しぶりに作った酵母ベーグルは、粉の自然の甘みがあって
かつベーグルのモチモチと酵母のモチモチで味わい深くて、
とっても美味しかったです。

resize0589.jpg

ゴマは表面のみ、レーズン&シナモンは中に折りこんであります。

生地の配合は、北海道産小麦はるゆたかに、北海道産ライ麦粉
と北海道産全粒粉を粉全量の1割ブレンド。

私は割と、新しいものも食べたいけど定番の方が好きなタイプ
なのか、香ばしいゴマとレーズン&シナモンのほうが好みでした。

resize0586.jpg
初めて作ったクランベリー&ホワイトチョコレート入り

見た目は可愛いんですが、クランベリーの微妙なクセが私は
ちょっと苦手でした。

ホワイトチョコはたくさん入れたのに、思ったより存在感がなかったので
それもあるかもしれませんが・・・。

まあでも、美味しかったんですけどネ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。